段階に応じて選べる治療方法

卵子

不妊症の目安というのは、結婚して1年程度が目安となります。何も問題がなければ、結婚して1年以内に妊娠しますが、2年、3年、そして5年経ってもなかなか子供ができない場合には、不妊症である可能性がほとんどです。横浜のクリニックでは、段階を経て患者の意思を尊重しながら不妊治療の方法を選ぶことができるようになっています。はじめに検査を行い、検査の結果を見てステップアップをしながら治療法を試していくのが不妊治療の基本とも言われています。まず、第1段階の治療法と言われるのが、広く知られているタイミング法です。排卵日に合わせ、排卵の2日前から性行為を行う方法です。タイミング法では、医師と夫婦が協力しながら治療を行います。それでも妊娠しなかった場合には、次の段階である人工授精、もしくは排卵誘発剤を使った治療方法です。それでも妊娠が難しい場合は、現在では最高の医療とされる体外受精や顕微鏡受精を試すことになります。

出生率の低下と高齢出産の増加

医者

不妊症の問題が社会的な問題となっている背景には、日本人の出生率の低下と、晩婚化に伴う高齢出産にあると言われています。やはり、女性が妊娠できる期間というのは限られていて、20代の頃が最も妊娠しやすい状態にあります。しかしながら、仕事などで20代の頃には妊娠することが叶わず、結果的に30代または40代に突入してから妊娠を希望するいわゆる高齢出産の人が増えてきたのも事実です。もちろん、医療技術の進歩によって高齢出産でも安全に子供を生むことができるようにはなりましたが、なにはともあれ最も好ましいのは20代で妊娠することにあるのです。これは、医療技術が発達した現代においても変わることがない事実なのです。横浜の婦人科クリニックでは、精力的に不妊治療を行っています。日本人のライフスタイルの変化から、女性の高齢出産が増えているのが現状です。また、男性も同様に20代の頃の方が静止の勢いが良いため、受精しやすい状況を作りやすい環境にあります。このことから、不妊症の原因は女性だけでなく、男性原因の不妊症も増えている状況であり、できれば20代のうちに妊娠して出産を済ませることが好ましいのですが、日本社会の変容に伴って、それが叶わない状況が形成されているため、なかなか難しい状況です。政府はもっと出生率の低下に危機感を持ち、酒精率を高めるための取り組みに力を入れるべきでしょう。

広告募集中